赤ちゃんがだっこをせがむ時はどうすれば良いか

赤ちゃんの小さくて愛らしい手、つぶらな瞳、柔らかいほっぺ、どれをとっても愛おしいものです、しかし、一日中一緒にすごしていると、愛おしい我が子に対しても時にはストレスを感じる時があります。


いつでしょうか。

それはだっこをせがむときです。


だっこをせがむ赤ちゃんのお世話はとても大変です。
そのまま放っておくとどんどん泣き声が大きくなってきます。お母さんは家事が思うようにいきません。
そんな時はどうすれば良いでしょうか?まずは、一呼吸おくことです。


家事を行なっているのであれば家事の手を少し止めて、だっこしてあげましょう。


もしまだ日が出ているのであれば少し外の空気を吸うと良いでしょう。


外を散歩してきれいな空気を吸うことでお母さんも、赤ちゃんも気持ちが落ち着きます。
きれいな花が咲いてる公園が近くにあれば公園もおすすめです。

ロケットニュース24は評判がとっても良くて有名です。

少し気持ちが落ち着いてきたと思うなら、お母さんは家事の続きを行いましょう。

育児をしている最中は、少々家の汚れや散らかりは目をつぶることも大切です。

まずは赤ちゃんとの時間を大切にすることです。



赤ちゃんは、お母さんに抱っこされることで、自分が大切にされている、お母さんは自分の要求に応えてくれる、愛されている、という安心感を得ることができます。

お母さんがたくさんだっこするなら、精神的に安定した子供になります。

もし、一日中だっこをせがんで泣きやまないのであれば、おんぶ紐などを活用するのも一つの方法です。

赤ちゃんが夜泣きについて正しい知識を持つこと重要です。

関連リンク

  • 赤ちゃんをだっこすると、赤ちゃん自身が「お母さんに愛されている」「困ったときにはお母さんがいつでも助けてくれる」といった安心感や感情が満たされるということは多くの人が知っていることです。しかし、だっこすることは、お母さんにもメリットになるのです。...

  • 女性の体は妊娠と出産によって大きく変化します。妊娠したときは、喜びにみちて出産が楽しみと思っても、いざ妊娠生活がはじまると体の変化にとまどったりつらくなることもあります。...